2008年07月15日

為替で得をする基本的な仕組みとは

為替で得をする基本的な仕組みとは
円安/円高といった為替の変動を利用して利益を得ようというのが外為投資の基本ですが、どのようなメカニズムで利益を得ることができるのでしょうか。

ドルを例に大雑把に言えば、円高のときにドルを買い、円安になってからこのドルを売って日本円を取り戻す、という操作によって、利益を得られます。

たとえば1ドル=100円のときに、10万円を出して1000ドルを買ったとします。

そしてこの後円安が進み、1ドル=110円になったときにこの1000ドルを売ると、手元には11万円が残ります。

すると11万円−10万円=1万円の得になるわけです。

これを繰り返しながら資産を増やしていこうというのが、外為取引の基本的な仕組みです。

しかしもちろん、いつも自分の思い通りに為替が変動するとは限りません。

逆に1ドル=100円の状態から1ドル=90円の円高になってしまったときには、1万円の損をすることにもなります。

2008年07月13日

為替で得をする基本的な仕組みとは

為替で得をする基本的な仕組みとは
円安/円高といった為替の変動を利用して利益を得ようというのが外為投資の基本ですが、どのようなメカニズムで利益を得ることができるのでしょうか。

ドルを例に大雑把に言えば、円高のときにドルを買い、円安になってからこのドルを売って日本円を取り戻す、という操作によって、利益を得られます。

たとえば1ドル=100円のときに、10万円を出して1000ドルを買ったとします。

そしてこの後円安が進み、1ドル=110円になったときにこの1000ドルを売ると、手元には11万円が残ります。

すると11万円−10万円=1万円の得になるわけです。

これを繰り返しながら資産を増やしていこうというのが、外為取引の基本的な仕組みです。

しかしもちろん、いつも自分の思い通りに為替が変動するとは限りません。

逆に1ドル=100円の状態から1ドル=90円の円高になってしまったときには、1万円の損をすることにもなります。

2008年07月12日

為替で得をする基本的な仕組みとは

為替で得をする基本的な仕組みとは
円安/円高といった為替の変動を利用して利益を得ようというのが外為投資の基本ですが、どのようなメカニズムで利益を得ることができるのでしょうか。

ドルを例に大雑把に言えば、円高のときにドルを買い、円安になってからこのドルを売って日本円を取り戻す、という操作によって、利益を得られます。

たとえば1ドル=100円のときに、10万円を出して1000ドルを買ったとします。

そしてこの後円安が進み、1ドル=110円になったときにこの1000ドルを売ると、手元には11万円が残ります。

すると11万円−10万円=1万円の得になるわけです。

これを繰り返しながら資産を増やしていこうというのが、外為取引の基本的な仕組みです。

しかしもちろん、いつも自分の思い通りに為替が変動するとは限りません。

逆に1ドル=100円の状態から1ドル=90円の円高になってしまったときには、1万円の損をすることにもなります。

2008年07月11日

為替で得をする基本的な仕組みとは

為替で得をする基本的な仕組みとは
円安/円高といった為替の変動を利用して利益を得ようというのが外為投資の基本ですが、どのようなメカニズムで利益を得ることができるのでしょうか。

ドルを例に大雑把に言えば、円高のときにドルを買い、円安になってからこのドルを売って日本円を取り戻す、という操作によって、利益を得られます。

たとえば1ドル=100円のときに、10万円を出して1000ドルを買ったとします。

そしてこの後円安が進み、1ドル=110円になったときにこの1000ドルを売ると、手元には11万円が残ります。

すると11万円−10万円=1万円の得になるわけです。

これを繰り返しながら資産を増やしていこうというのが、外為取引の基本的な仕組みです。

しかしもちろん、いつも自分の思い通りに為替が変動するとは限りません。

逆に1ドル=100円の状態から1ドル=90円の円高になってしまったときには、1万円の損をすることにもなります。

2008年07月10日

為替で得をする基本的な仕組みとは

為替で得をする基本的な仕組みとは
円安/円高といった為替の変動を利用して利益を得ようというのが外為投資の基本ですが、どのようなメカニズムで利益を得ることができるのでしょうか。

ドルを例に大雑把に言えば、円高のときにドルを買い、円安になってからこのドルを売って日本円を取り戻す、という操作によって、利益を得られます。

たとえば1ドル=100円のときに、10万円を出して1000ドルを買ったとします。

そしてこの後円安が進み、1ドル=110円になったときにこの1000ドルを売ると、手元には11万円が残ります。

すると11万円−10万円=1万円の得になるわけです。

これを繰り返しながら資産を増やしていこうというのが、外為取引の基本的な仕組みです。

しかしもちろん、いつも自分の思い通りに為替が変動するとは限りません。

逆に1ドル=100円の状態から1ドル=90円の円高になってしまったときには、1万円の損をすることにもなります。

2008年07月07日

為替で得をする基本的な仕組みとは

為替で得をする基本的な仕組みとは
円安/円高といった為替の変動を利用して利益を得ようというのが外為投資の基本ですが、どのようなメカニズムで利益を得ることができるのでしょうか。

ドルを例に大雑把に言えば、円高のときにドルを買い、円安になってからこのドルを売って日本円を取り戻す、という操作によって、利益を得られます。

たとえば1ドル=100円のときに、10万円を出して1000ドルを買ったとします。

そしてこの後円安が進み、1ドル=110円になったときにこの1000ドルを売ると、手元には11万円が残ります。

すると11万円−10万円=1万円の得になるわけです。

これを繰り返しながら資産を増やしていこうというのが、外為取引の基本的な仕組みです。

しかしもちろん、いつも自分の思い通りに為替が変動するとは限りません。

逆に1ドル=100円の状態から1ドル=90円の円高になってしまったときには、1万円の損をすることにもなります。