2008年07月15日

ハイリスク・ハイリターンなFXとは

ハイリスク・ハイリターンなFXとは
FXを利用すれば、手持ちの資金の数倍〜数十倍の金額の外貨を運用し、発生した為替差益を手にすることができます。

たとえば保証金100万円で、1ドル=100円のときに10万ドルを買ったとします。

この後うまく円安が進んで1ドル=105円になったとすると、為替差益は50万円、つまり資産は保証金100万円+50万円で150万円となります。

しかし逆に言えば急激な円高が進んで1ドル=95円まで下がったとすると、50万円もの為替差損が発生してしまいます。

少ない元手で投資をしているだけに、為替が予想外に変動したときのダメージも大きいのが、FXの特徴です。

為替の変動は勉強次第である程度まで予測することは可能ですが、たとえば突然のテロや地震などの自然災害を予測することは不可能です。

投資は常にこうした大きなリスクを背負っているということを理解しながら行うべきでしょう。

ただし、後で詳しく説明しますが、一晩で驚異的な為替変動が起こったりしても莫大な損失が生じないよう、あらかじめ条件を指定して注文するといったことも、FXでは可能になっています。

こうした機能をうまく駆使して、自分でリスクを管理することが大切です。

2008年07月13日

ハイリスク・ハイリターンなFXとは

ハイリスク・ハイリターンなFXとは
FXを利用すれば、手持ちの資金の数倍〜数十倍の金額の外貨を運用し、発生した為替差益を手にすることができます。

たとえば保証金100万円で、1ドル=100円のときに10万ドルを買ったとします。

この後うまく円安が進んで1ドル=105円になったとすると、為替差益は50万円、つまり資産は保証金100万円+50万円で150万円となります。

しかし逆に言えば急激な円高が進んで1ドル=95円まで下がったとすると、50万円もの為替差損が発生してしまいます。

少ない元手で投資をしているだけに、為替が予想外に変動したときのダメージも大きいのが、FXの特徴です。

為替の変動は勉強次第である程度まで予測することは可能ですが、たとえば突然のテロや地震などの自然災害を予測することは不可能です。

投資は常にこうした大きなリスクを背負っているということを理解しながら行うべきでしょう。

ただし、後で詳しく説明しますが、一晩で驚異的な為替変動が起こったりしても莫大な損失が生じないよう、あらかじめ条件を指定して注文するといったことも、FXでは可能になっています。

こうした機能をうまく駆使して、自分でリスクを管理することが大切です。

2008年07月12日

ハイリスク・ハイリターンなFXとは

ハイリスク・ハイリターンなFXとは
FXを利用すれば、手持ちの資金の数倍〜数十倍の金額の外貨を運用し、発生した為替差益を手にすることができます。

たとえば保証金100万円で、1ドル=100円のときに10万ドルを買ったとします。

この後うまく円安が進んで1ドル=105円になったとすると、為替差益は50万円、つまり資産は保証金100万円+50万円で150万円となります。

しかし逆に言えば急激な円高が進んで1ドル=95円まで下がったとすると、50万円もの為替差損が発生してしまいます。

少ない元手で投資をしているだけに、為替が予想外に変動したときのダメージも大きいのが、FXの特徴です。

為替の変動は勉強次第である程度まで予測することは可能ですが、たとえば突然のテロや地震などの自然災害を予測することは不可能です。

投資は常にこうした大きなリスクを背負っているということを理解しながら行うべきでしょう。

ただし、後で詳しく説明しますが、一晩で驚異的な為替変動が起こったりしても莫大な損失が生じないよう、あらかじめ条件を指定して注文するといったことも、FXでは可能になっています。

こうした機能をうまく駆使して、自分でリスクを管理することが大切です。

2008年07月11日

ハイリスク・ハイリターンなFXとは

ハイリスク・ハイリターンなFXとは
FXを利用すれば、手持ちの資金の数倍〜数十倍の金額の外貨を運用し、発生した為替差益を手にすることができます。

たとえば保証金100万円で、1ドル=100円のときに10万ドルを買ったとします。

この後うまく円安が進んで1ドル=105円になったとすると、為替差益は50万円、つまり資産は保証金100万円+50万円で150万円となります。

しかし逆に言えば急激な円高が進んで1ドル=95円まで下がったとすると、50万円もの為替差損が発生してしまいます。

少ない元手で投資をしているだけに、為替が予想外に変動したときのダメージも大きいのが、FXの特徴です。

為替の変動は勉強次第である程度まで予測することは可能ですが、たとえば突然のテロや地震などの自然災害を予測することは不可能です。

投資は常にこうした大きなリスクを背負っているということを理解しながら行うべきでしょう。

ただし、後で詳しく説明しますが、一晩で驚異的な為替変動が起こったりしても莫大な損失が生じないよう、あらかじめ条件を指定して注文するといったことも、FXでは可能になっています。

こうした機能をうまく駆使して、自分でリスクを管理することが大切です。

2008年07月10日

ハイリスク・ハイリターンなFXとは

ハイリスク・ハイリターンなFXとは
FXを利用すれば、手持ちの資金の数倍〜数十倍の金額の外貨を運用し、発生した為替差益を手にすることができます。

たとえば保証金100万円で、1ドル=100円のときに10万ドルを買ったとします。

この後うまく円安が進んで1ドル=105円になったとすると、為替差益は50万円、つまり資産は保証金100万円+50万円で150万円となります。

しかし逆に言えば急激な円高が進んで1ドル=95円まで下がったとすると、50万円もの為替差損が発生してしまいます。

少ない元手で投資をしているだけに、為替が予想外に変動したときのダメージも大きいのが、FXの特徴です。

為替の変動は勉強次第である程度まで予測することは可能ですが、たとえば突然のテロや地震などの自然災害を予測することは不可能です。

投資は常にこうした大きなリスクを背負っているということを理解しながら行うべきでしょう。

ただし、後で詳しく説明しますが、一晩で驚異的な為替変動が起こったりしても莫大な損失が生じないよう、あらかじめ条件を指定して注文するといったことも、FXでは可能になっています。

こうした機能をうまく駆使して、自分でリスクを管理することが大切です。

2008年07月07日

ハイリスク・ハイリターンなFXとは

ハイリスク・ハイリターンなFXとは
FXを利用すれば、手持ちの資金の数倍〜数十倍の金額の外貨を運用し、発生した為替差益を手にすることができます。

たとえば保証金100万円で、1ドル=100円のときに10万ドルを買ったとします。

この後うまく円安が進んで1ドル=105円になったとすると、為替差益は50万円、つまり資産は保証金100万円+50万円で150万円となります。

しかし逆に言えば急激な円高が進んで1ドル=95円まで下がったとすると、50万円もの為替差損が発生してしまいます。

少ない元手で投資をしているだけに、為替が予想外に変動したときのダメージも大きいのが、FXの特徴です。

為替の変動は勉強次第である程度まで予測することは可能ですが、たとえば突然のテロや地震などの自然災害を予測することは不可能です。

投資は常にこうした大きなリスクを背負っているということを理解しながら行うべきでしょう。

ただし、後で詳しく説明しますが、一晩で驚異的な為替変動が起こったりしても莫大な損失が生じないよう、あらかじめ条件を指定して注文するといったことも、FXでは可能になっています。

こうした機能をうまく駆使して、自分でリスクを管理することが大切です。