2008年07月16日

テクニカル要因による為替の変動とは

テクニカル要因による為替の変動とは
テクニカル要因というのは、チャートの動き自体によって為替レートが動くことです。

 外国為替を動かしている巨額の外貨を運用しているプロのディーラーたちが、過去の相場の動きからチャートの流れを分析し、次に「上がるか、下がるか」を予測して大きく外貨を取引することがあります。

たとえばディーラーたちが「1ドル=100円を割ることはないだろう」という予測の元に相場変動を判断して外貨を動かすとき、それはチャートの動き自体が相場を動かしている一例と言えるでしょう。



2008年07月13日

テクニカル要因による為替の変動とは

テクニカル要因による為替の変動とは
テクニカル要因というのは、チャートの動き自体によって為替レートが動くことです。

 外国為替を動かしている巨額の外貨を運用しているプロのディーラーたちが、過去の相場の動きからチャートの流れを分析し、次に「上がるか、下がるか」を予測して大きく外貨を取引することがあります。

たとえばディーラーたちが「1ドル=100円を割ることはないだろう」という予測の元に相場変動を判断して外貨を動かすとき、それはチャートの動き自体が相場を動かしている一例と言えるでしょう。



2008年07月12日

テクニカル要因による為替の変動とは

テクニカル要因による為替の変動とは
テクニカル要因というのは、チャートの動き自体によって為替レートが動くことです。

 外国為替を動かしている巨額の外貨を運用しているプロのディーラーたちが、過去の相場の動きからチャートの流れを分析し、次に「上がるか、下がるか」を予測して大きく外貨を取引することがあります。

たとえばディーラーたちが「1ドル=100円を割ることはないだろう」という予測の元に相場変動を判断して外貨を動かすとき、それはチャートの動き自体が相場を動かしている一例と言えるでしょう。



2008年07月11日

テクニカル要因による為替の変動とは

テクニカル要因による為替の変動とは
テクニカル要因というのは、チャートの動き自体によって為替レートが動くことです。

 外国為替を動かしている巨額の外貨を運用しているプロのディーラーたちが、過去の相場の動きからチャートの流れを分析し、次に「上がるか、下がるか」を予測して大きく外貨を取引することがあります。

たとえばディーラーたちが「1ドル=100円を割ることはないだろう」という予測の元に相場変動を判断して外貨を動かすとき、それはチャートの動き自体が相場を動かしている一例と言えるでしょう。



2008年07月10日

テクニカル要因による為替の変動とは

テクニカル要因による為替の変動とは
テクニカル要因というのは、チャートの動き自体によって為替レートが動くことです。

 外国為替を動かしている巨額の外貨を運用しているプロのディーラーたちが、過去の相場の動きからチャートの流れを分析し、次に「上がるか、下がるか」を予測して大きく外貨を取引することがあります。

たとえばディーラーたちが「1ドル=100円を割ることはないだろう」という予測の元に相場変動を判断して外貨を動かすとき、それはチャートの動き自体が相場を動かしている一例と言えるでしょう。



2008年07月07日

テクニカル要因による為替の変動

テクニカル要因による為替の変動とは
テクニカル要因というのは、チャートの動き自体によって為替レートが動くことです。

 外国為替を動かしている巨額の外貨を運用しているプロのディーラーたちが、過去の相場の動きからチャートの流れを分析し、次に「上がるか、下がるか」を予測して大きく外貨を取引することがあります。

たとえばディーラーたちが「1ドル=100円を割ることはないだろう」という予測の元に相場変動を判断して外貨を動かすとき、それはチャートの動き自体が相場を動かしている一例と言えるでしょう。