2008年07月16日

その他の要因による為替の変動とは

その他の要因による為替の変動とは
為替変動の要因は比較的緩やかな予測を可能とするものですが、それ以外に突発的な要因で大きく為替が動く場合があります。

 たとえば戦争やテロがこれに当たります。

9.11のテロのとき、10日ほどの間に1ドル=5円以上の円高が起こったのは記憶に新しい一例と言えるでしょう。

 かつて外国為替には「有事のドル買い」という格言があり、戦争などが起こったときはドルを買うと良いと言われていましたが、最近はそうとも限らないケースが多く、「有事のスイスフラン買い」というのが新しい格言として定着しつつあります。





2008年07月13日

その他の要因による為替の変動とは

その他の要因による為替の変動とは
為替変動の要因は比較的緩やかな予測を可能とするものですが、それ以外に突発的な要因で大きく為替が動く場合があります。

 たとえば戦争やテロがこれに当たります。

9.11のテロのとき、10日ほどの間に1ドル=5円以上の円高が起こったのは記憶に新しい一例と言えるでしょう。

 かつて外国為替には「有事のドル買い」という格言があり、戦争などが起こったときはドルを買うと良いと言われていましたが、最近はそうとも限らないケースが多く、「有事のスイスフラン買い」というのが新しい格言として定着しつつあります。





2008年07月12日

その他の要因による為替の変動とは

その他の要因による為替の変動とは
為替変動の要因は比較的緩やかな予測を可能とするものですが、それ以外に突発的な要因で大きく為替が動く場合があります。

 たとえば戦争やテロがこれに当たります。

9.11のテロのとき、10日ほどの間に1ドル=5円以上の円高が起こったのは記憶に新しい一例と言えるでしょう。

 かつて外国為替には「有事のドル買い」という格言があり、戦争などが起こったときはドルを買うと良いと言われていましたが、最近はそうとも限らないケースが多く、「有事のスイスフラン買い」というのが新しい格言として定着しつつあります。





2008年07月11日

その他の要因による為替の変動とは

その他の要因による為替の変動とは
為替変動の要因は比較的緩やかな予測を可能とするものですが、それ以外に突発的な要因で大きく為替が動く場合があります。

 たとえば戦争やテロがこれに当たります。

9.11のテロのとき、10日ほどの間に1ドル=5円以上の円高が起こったのは記憶に新しい一例と言えるでしょう。

 かつて外国為替には「有事のドル買い」という格言があり、戦争などが起こったときはドルを買うと良いと言われていましたが、最近はそうとも限らないケースが多く、「有事のスイスフラン買い」というのが新しい格言として定着しつつあります。





2008年07月10日

その他の要因による為替の変動とは

その他の要因による為替の変動とは
為替変動の要因は比較的緩やかな予測を可能とするものですが、それ以外に突発的な要因で大きく為替が動く場合があります。

 たとえば戦争やテロがこれに当たります。

9.11のテロのとき、10日ほどの間に1ドル=5円以上の円高が起こったのは記憶に新しい一例と言えるでしょう。

 かつて外国為替には「有事のドル買い」という格言があり、戦争などが起こったときはドルを買うと良いと言われていましたが、最近はそうとも限らないケースが多く、「有事のスイスフラン買い」というのが新しい格言として定着しつつあります。





2008年07月07日

その他の要因による為替の変動とは

その他の要因による為替の変動とは
為替変動の要因は比較的緩やかな予測を可能とするものですが、それ以外に突発的な要因で大きく為替が動く場合があります。

 たとえば戦争やテロがこれに当たります。

9.11のテロのとき、10日ほどの間に1ドル=5円以上の円高が起こったのは記憶に新しい一例と言えるでしょう。

 かつて外国為替には「有事のドル買い」という格言があり、戦争などが起こったときはドルを買うと良いと言われていましたが、最近はそうとも限らないケースが多く、「有事のスイスフラン買い」というのが新しい格言として定着しつつあります。