2008年07月16日

指値について

指値について
たとえば、ドルを買い付けている状態で、自分が眠っている間にドルが急騰し、目が覚めてパソコンの前に座る頃にその急騰が収まっていたとしたら、これはせっかくの大チャンスを逃したことになるでしょう。

しかし、24時間常に細かく変動する外国為替相場の世界では、しばしばこうしたことは起こりえますし、だからといって、24時間ずっとパソコンの前にはりついてレートを監視しているわけにはもちろん行きません。

このようにチャンスを逃すことがないように、FXの世界では「指値」という概念があります。

これは、現時点で取引を確定させず、「為替レートが自分の指定したレートに他逸したときに注文が成立する」というものです。

たとえば「1ドル=100円」のときにドルを買っている状態で、「1ドル=101円までドルが上がればこれを売る」という指定を、あらかじめ取引会社に対して行うことができます。

こうすれば、たとえパソコンの前を離れている間にチャンスが訪れていても、きちんとそれを逃さず対処できるわけです。

また、「売りポジション」からスタートしている場合は、この逆になります。

この場合は、「売っていたドルのレートが一定以下まで下がったら買う」という指定をすることになります。







posted by fxman at 03:31| Comment(14) | 指値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

指値について

指値について
たとえば、ドルを買い付けている状態で、自分が眠っている間にドルが急騰し、目が覚めてパソコンの前に座る頃にその急騰が収まっていたとしたら、これはせっかくの大チャンスを逃したことになるでしょう。

しかし、24時間常に細かく変動する外国為替相場の世界では、しばしばこうしたことは起こりえますし、だからといって、24時間ずっとパソコンの前にはりついてレートを監視しているわけにはもちろん行きません。

このようにチャンスを逃すことがないように、FXの世界では「指値」という概念があります。

これは、現時点で取引を確定させず、「為替レートが自分の指定したレートに他逸したときに注文が成立する」というものです。

たとえば「1ドル=100円」のときにドルを買っている状態で、「1ドル=101円までドルが上がればこれを売る」という指定を、あらかじめ取引会社に対して行うことができます。

こうすれば、たとえパソコンの前を離れている間にチャンスが訪れていても、きちんとそれを逃さず対処できるわけです。

また、「売りポジション」からスタートしている場合は、この逆になります。

この場合は、「売っていたドルのレートが一定以下まで下がったら買う」という指定をすることになります。







posted by fxman at 19:04| Comment(0) | 指値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

指値について

指値について
たとえば、ドルを買い付けている状態で、自分が眠っている間にドルが急騰し、目が覚めてパソコンの前に座る頃にその急騰が収まっていたとしたら、これはせっかくの大チャンスを逃したことになるでしょう。

しかし、24時間常に細かく変動する外国為替相場の世界では、しばしばこうしたことは起こりえますし、だからといって、24時間ずっとパソコンの前にはりついてレートを監視しているわけにはもちろん行きません。

このようにチャンスを逃すことがないように、FXの世界では「指値」という概念があります。

これは、現時点で取引を確定させず、「為替レートが自分の指定したレートに他逸したときに注文が成立する」というものです。

たとえば「1ドル=100円」のときにドルを買っている状態で、「1ドル=101円までドルが上がればこれを売る」という指定を、あらかじめ取引会社に対して行うことができます。

こうすれば、たとえパソコンの前を離れている間にチャンスが訪れていても、きちんとそれを逃さず対処できるわけです。

また、「売りポジション」からスタートしている場合は、この逆になります。

この場合は、「売っていたドルのレートが一定以下まで下がったら買う」という指定をすることになります。







posted by fxman at 21:03| Comment(3) | 指値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

指値について

指値について
たとえば、ドルを買い付けている状態で、自分が眠っている間にドルが急騰し、目が覚めてパソコンの前に座る頃にその急騰が収まっていたとしたら、これはせっかくの大チャンスを逃したことになるでしょう。

しかし、24時間常に細かく変動する外国為替相場の世界では、しばしばこうしたことは起こりえますし、だからといって、24時間ずっとパソコンの前にはりついてレートを監視しているわけにはもちろん行きません。

このようにチャンスを逃すことがないように、FXの世界では「指値」という概念があります。

これは、現時点で取引を確定させず、「為替レートが自分の指定したレートに他逸したときに注文が成立する」というものです。

たとえば「1ドル=100円」のときにドルを買っている状態で、「1ドル=101円までドルが上がればこれを売る」という指定を、あらかじめ取引会社に対して行うことができます。

こうすれば、たとえパソコンの前を離れている間にチャンスが訪れていても、きちんとそれを逃さず対処できるわけです。

また、「売りポジション」からスタートしている場合は、この逆になります。

この場合は、「売っていたドルのレートが一定以下まで下がったら買う」という指定をすることになります。







posted by fxman at 18:51| Comment(0) | 指値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

指値について

指値について
たとえば、ドルを買い付けている状態で、自分が眠っている間にドルが急騰し、目が覚めてパソコンの前に座る頃にその急騰が収まっていたとしたら、これはせっかくの大チャンスを逃したことになるでしょう。

しかし、24時間常に細かく変動する外国為替相場の世界では、しばしばこうしたことは起こりえますし、だからといって、24時間ずっとパソコンの前にはりついてレートを監視しているわけにはもちろん行きません。

このようにチャンスを逃すことがないように、FXの世界では「指値」という概念があります。

これは、現時点で取引を確定させず、「為替レートが自分の指定したレートに他逸したときに注文が成立する」というものです。

たとえば「1ドル=100円」のときにドルを買っている状態で、「1ドル=101円までドルが上がればこれを売る」という指定を、あらかじめ取引会社に対して行うことができます。

こうすれば、たとえパソコンの前を離れている間にチャンスが訪れていても、きちんとそれを逃さず対処できるわけです。

また、「売りポジション」からスタートしている場合は、この逆になります。

この場合は、「売っていたドルのレートが一定以下まで下がったら買う」という指定をすることになります。







posted by fxman at 19:09| Comment(0) | 指値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

指値について

指値について
たとえば、ドルを買い付けている状態で、自分が眠っている間にドルが急騰し、目が覚めてパソコンの前に座る頃にその急騰が収まっていたとしたら、これはせっかくの大チャンスを逃したことになるでしょう。

しかし、24時間常に細かく変動する外国為替相場の世界では、しばしばこうしたことは起こりえますし、だからといって、24時間ずっとパソコンの前にはりついてレートを監視しているわけにはもちろん行きません。

このようにチャンスを逃すことがないように、FXの世界では「指値」という概念があります。

これは、現時点で取引を確定させず、「為替レートが自分の指定したレートに他逸したときに注文が成立する」というものです。

たとえば「1ドル=100円」のときにドルを買っている状態で、「1ドル=101円までドルが上がればこれを売る」という指定を、あらかじめ取引会社に対して行うことができます。

こうすれば、たとえパソコンの前を離れている間にチャンスが訪れていても、きちんとそれを逃さず対処できるわけです。

また、「売りポジション」からスタートしている場合は、この逆になります。

この場合は、「売っていたドルのレートが一定以下まで下がったら買う」という指定をすることになります。

posted by fxman at 20:34| Comment(0) | 指値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする