2008年07月15日

ロスカットとは

ロスカットとは
パソコン画面上での操作方法は取引会社によって異なりますが、取り扱い可能な外貨のレートは常に表示されているはずですので、これらの売り/買いのレート数値を見ながら、どの貨幣をどれだけ買うか、あるいは売るかを指定すれば、リアルタイムでそのとおりの取引を行うことができます。

しかし、この方法の場合、たとえば「自分が目を放している、あるいは眠っている隙に買ったドルが急に上がった場合、最高のタイミングでこれを売れない」または「買っていたドルが眠っている間に急落して、これを手放すことができないまま大損をしてしまった」といったリスクが常に付きまといます。

もちろん、こうした事態を避けるための機能が、FXにはあらかじめ備わっています。

それが「指値」や「ストップオーダー」といったものなのです。








posted by fxman at 16:28| Comment(0) | ロスカットとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

ロスカットとは

ロスカットとは
パソコン画面上での操作方法は取引会社によって異なりますが、取り扱い可能な外貨のレートは常に表示されているはずですので、これらの売り/買いのレート数値を見ながら、どの貨幣をどれだけ買うか、あるいは売るかを指定すれば、リアルタイムでそのとおりの取引を行うことができます。

しかし、この方法の場合、たとえば「自分が目を放している、あるいは眠っている隙に買ったドルが急に上がった場合、最高のタイミングでこれを売れない」または「買っていたドルが眠っている間に急落して、これを手放すことができないまま大損をしてしまった」といったリスクが常に付きまといます。

もちろん、こうした事態を避けるための機能が、FXにはあらかじめ備わっています。

それが「指値」や「ストップオーダー」といったものなのです。








posted by fxman at 20:03| Comment(2) | ロスカットとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

ロスカットとは

ロスカットとは
パソコン画面上での操作方法は取引会社によって異なりますが、取り扱い可能な外貨のレートは常に表示されているはずですので、これらの売り/買いのレート数値を見ながら、どの貨幣をどれだけ買うか、あるいは売るかを指定すれば、リアルタイムでそのとおりの取引を行うことができます。

しかし、この方法の場合、たとえば「自分が目を放している、あるいは眠っている隙に買ったドルが急に上がった場合、最高のタイミングでこれを売れない」または「買っていたドルが眠っている間に急落して、これを手放すことができないまま大損をしてしまった」といったリスクが常に付きまといます。

もちろん、こうした事態を避けるための機能が、FXにはあらかじめ備わっています。

それが「指値」や「ストップオーダー」といったものなのです。








posted by fxman at 22:03| Comment(0) | ロスカットとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

ロスカットとは

ロスカットとは
パソコン画面上での操作方法は取引会社によって異なりますが、取り扱い可能な外貨のレートは常に表示されているはずですので、これらの売り/買いのレート数値を見ながら、どの貨幣をどれだけ買うか、あるいは売るかを指定すれば、リアルタイムでそのとおりの取引を行うことができます。

しかし、この方法の場合、たとえば「自分が目を放している、あるいは眠っている隙に買ったドルが急に上がった場合、最高のタイミングでこれを売れない」または「買っていたドルが眠っている間に急落して、これを手放すことができないまま大損をしてしまった」といったリスクが常に付きまといます。

もちろん、こうした事態を避けるための機能が、FXにはあらかじめ備わっています。

それが「指値」や「ストップオーダー」といったものなのです。








posted by fxman at 19:45| Comment(0) | ロスカットとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

ロスカットとは

ロスカットとは
パソコン画面上での操作方法は取引会社によって異なりますが、取り扱い可能な外貨のレートは常に表示されているはずですので、これらの売り/買いのレート数値を見ながら、どの貨幣をどれだけ買うか、あるいは売るかを指定すれば、リアルタイムでそのとおりの取引を行うことができます。

しかし、この方法の場合、たとえば「自分が目を放している、あるいは眠っている隙に買ったドルが急に上がった場合、最高のタイミングでこれを売れない」または「買っていたドルが眠っている間に急落して、これを手放すことができないまま大損をしてしまった」といったリスクが常に付きまといます。

もちろん、こうした事態を避けるための機能が、FXにはあらかじめ備わっています。

それが「指値」や「ストップオーダー」といったものなのです。








posted by fxman at 20:09| Comment(0) | ロスカットとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

ロスカットとは

ロスカットとは
パソコン画面上での操作方法は取引会社によって異なりますが、取り扱い可能な外貨のレートは常に表示されているはずですので、これらの売り/買いのレート数値を見ながら、どの貨幣をどれだけ買うか、あるいは売るかを指定すれば、リアルタイムでそのとおりの取引を行うことができます。

しかし、この方法の場合、たとえば「自分が目を放している、あるいは眠っている隙に買ったドルが急に上がった場合、最高のタイミングでこれを売れない」または「買っていたドルが眠っている間に急落して、これを手放すことができないまま大損をしてしまった」といったリスクが常に付きまといます。

もちろん、こうした事態を避けるための機能が、FXにはあらかじめ備わっています。

それが「指値」や「ストップオーダー」といったものなのです。

posted by fxman at 20:36| Comment(0) | ロスカットとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする