2008年07月15日

スワップ金利で利益を得る

スワップ金利で利益を得る アメリカと日本では、金利(銀行等にお金を預けた時にもらえる利息)の率が違います。
現在(2006年11月)日本の金利は0.25パーセントです。
これは1年間の利率です。
それと比べて、アメリカの金利は5.25パーセントです。
日本とアメリカの金利には5パーセントもの差があるのです。
日本で10000円を預けると1年後に10025円になり、25円が利息としてもらえます。
それと比べて、同じ10000円を米ドルにしてアメリカで預けると1年後に10525円になり、525円が利息としてもらえます。
(※実際には普通預金と定期預金の金利の違いや手数料、税金などの要素が絡むのでこんなにもらえないのですが、今はわかりやすくこうしておきます。
) 同じ1万円を預けるとしても、米ドルと日本円では500円も違うのです。
これがもし100万円だったら、5万円の違いにもなってしまいます。
FX(外国為替証拠金取引)では、日本円を売って米ドルを買えば、米ドルを持っている期間ずっと、アメリカと日本の金利の差である5パーセントが利息としてもらえるのです。
それも、1年単位ではなく日割りで毎日もらえます。
これをスワップ金利と言います。
このスワップ金利からも利益を得るのが、FXのもう1つのねらいです。
このように、たいへんおおまかにまとめると、FX(外国為替証拠金取引)は為替差益と利息から利益を得る金融商品であるということです。














posted by fxman at 16:48| Comment(0) | スワップ金利で利益を得る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

スワップ金利で利益を得る

スワップ金利で利益を得る アメリカと日本では、金利(銀行等にお金を預けた時にもらえる利息)の率が違います。
現在(2006年11月)日本の金利は0.25パーセントです。
これは1年間の利率です。
それと比べて、アメリカの金利は5.25パーセントです。
日本とアメリカの金利には5パーセントもの差があるのです。
日本で10000円を預けると1年後に10025円になり、25円が利息としてもらえます。
それと比べて、同じ10000円を米ドルにしてアメリカで預けると1年後に10525円になり、525円が利息としてもらえます。
(※実際には普通預金と定期預金の金利の違いや手数料、税金などの要素が絡むのでこんなにもらえないのですが、今はわかりやすくこうしておきます。
) 同じ1万円を預けるとしても、米ドルと日本円では500円も違うのです。
これがもし100万円だったら、5万円の違いにもなってしまいます。
FX(外国為替証拠金取引)では、日本円を売って米ドルを買えば、米ドルを持っている期間ずっと、アメリカと日本の金利の差である5パーセントが利息としてもらえるのです。
それも、1年単位ではなく日割りで毎日もらえます。
これをスワップ金利と言います。
このスワップ金利からも利益を得るのが、FXのもう1つのねらいです。
このように、たいへんおおまかにまとめると、FX(外国為替証拠金取引)は為替差益と利息から利益を得る金融商品であるということです。














posted by fxman at 03:45| Comment(0) | スワップ金利で利益を得る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

スワップ金利で利益を得る

スワップ金利で利益を得る アメリカと日本では、金利(銀行等にお金を預けた時にもらえる利息)の率が違います。
現在(2006年11月)日本の金利は0.25パーセントです。
これは1年間の利率です。
それと比べて、アメリカの金利は5.25パーセントです。
日本とアメリカの金利には5パーセントもの差があるのです。
日本で10000円を預けると1年後に10025円になり、25円が利息としてもらえます。
それと比べて、同じ10000円を米ドルにしてアメリカで預けると1年後に10525円になり、525円が利息としてもらえます。
(※実際には普通預金と定期預金の金利の違いや手数料、税金などの要素が絡むのでこんなにもらえないのですが、今はわかりやすくこうしておきます。
) 同じ1万円を預けるとしても、米ドルと日本円では500円も違うのです。
これがもし100万円だったら、5万円の違いにもなってしまいます。
FX(外国為替証拠金取引)では、日本円を売って米ドルを買えば、米ドルを持っている期間ずっと、アメリカと日本の金利の差である5パーセントが利息としてもらえるのです。
それも、1年単位ではなく日割りで毎日もらえます。
これをスワップ金利と言います。
このスワップ金利からも利益を得るのが、FXのもう1つのねらいです。
このように、たいへんおおまかにまとめると、FX(外国為替証拠金取引)は為替差益と利息から利益を得る金融商品であるということです。














posted by fxman at 04:09| Comment(0) | スワップ金利で利益を得る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

スワップ金利で利益を得る

スワップ金利で利益を得る アメリカと日本では、金利(銀行等にお金を預けた時にもらえる利息)の率が違います。
現在(2006年11月)日本の金利は0.25パーセントです。
これは1年間の利率です。
それと比べて、アメリカの金利は5.25パーセントです。
日本とアメリカの金利には5パーセントもの差があるのです。
日本で10000円を預けると1年後に10025円になり、25円が利息としてもらえます。
それと比べて、同じ10000円を米ドルにしてアメリカで預けると1年後に10525円になり、525円が利息としてもらえます。
(※実際には普通預金と定期預金の金利の違いや手数料、税金などの要素が絡むのでこんなにもらえないのですが、今はわかりやすくこうしておきます。
) 同じ1万円を預けるとしても、米ドルと日本円では500円も違うのです。
これがもし100万円だったら、5万円の違いにもなってしまいます。
FX(外国為替証拠金取引)では、日本円を売って米ドルを買えば、米ドルを持っている期間ずっと、アメリカと日本の金利の差である5パーセントが利息としてもらえるのです。
それも、1年単位ではなく日割りで毎日もらえます。
これをスワップ金利と言います。
このスワップ金利からも利益を得るのが、FXのもう1つのねらいです。
このように、たいへんおおまかにまとめると、FX(外国為替証拠金取引)は為替差益と利息から利益を得る金融商品であるということです。
posted by fxman at 22:07| Comment(0) | スワップ金利で利益を得る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする